再帰性反射で目立たないマーカーを作ってみる

案件で検証したものの結局違う方法を使ったので、お焚きあげ。

オブジェクトをWebカメラでトラッキングしたいという相談があったので、古き良き手法のマーカートラッキングを試してみました。
OpenCV3のcontribリポジトリに含まれるArUcoを使いました。普通に使うのは簡単で、キャリブレーションせずとも安定しています。

しかし、そのままの見た目は目立つので、
再帰性反射塗料と赤外線を使って、可視光領域では見えないマーカーを検証しました。

マーカーは印刷してカッターで切ります。

赤外線カメラは手軽に使えそうなこちらを買ったものの
www.amazon.co.jp

速い動きでぶれてしまったので、トラッキング用途ではこちらのリンクを参考にPS3EYEを改造するなどのほうが良さそうです。(予算があればOptiTrackとか使ってください…)
FreeTrackをTrackClipProとPSEyeで使ってみる(2012年9月記) - FreeTrackをTrackClipProとPlayStation Eyeで使ってみる - アットウィキ


3M スコッチライト 9910

3M スコッチライト 9910
まず手元に合った3Mスコッチライトで検証しました。

圧倒的性能で、綺麗にトラッキングできます。 布なので、同じ色のものを使えば、目立たなくなるものの、やはり存在感はあります。


ブライトコート N ホワイト 再帰反射性水性塗料

これも使えそう。塗料なので布より自由度が高いです。
綺麗に塗れば、目立たない用にもできるのかな。


これとは別にスプレータイプのものも検証しましたが、全然赤外線反射してくれませんでした。そういう用途ではないので、製品自体は問題ないですが。